H体験告白 夫婦交換

ここでは、「H体験告白 夫婦交換」 を紹介しています。
私は38歳の2人の子持ちの専業主婦です。主人は私の過去のエッチ話を聞きたがり、それを話したときは激しく求められます。

それから「3Pをしよう」とか「他の人としたらどうだ?」と言われ断ってましたが 何度も言われてるうちに

「そうねぇ 上手な人でアソコのおっきい人としたらたまらないかもね」と言うと、主人は興奮のあまりいつも一回で終わるのがその日は2回も求められました。

数日後、「相手が見つかったよ。47歳の年上の方で精力絶倫らしいんだ」と言われました。

「えーうそぉ 困るよ あなたの前でなんて死んでもできないから」というと、「相手の人も私の前では無理ってことで お前と二人で会うことになったんだ。ほらパソコンに顔写真があるから見てみてよ お前の好みだと思うぞ」

と主人の膝の上に座らされて写真を見ました。主人は私の年上好みを知ってるため、清潔感があり筋肉ムキムキなガッチリした方でした。私の好みの体型に顔も素敵な人でした。

「えー」といいながら見入ってる私の服の中に主人は手を入れてきて乳首を触り始めると、「乳首が硬くなってるぞ」と言われました。

そのときに見ていた写真は相手の方の大きなアソコの写真でした。心で(凄い 大きい 私どうなるんだろう)と私のアソコはムズムズしてました。 

そして主人に「さっき明日の日中に会いましょうと約束したんだ」と言われ、「そうなの?」と動揺がばれないように答えると、主人は私のズボンをさげて挿入してきました。

主人のパンパンのアソコは凄く気持ちよく 私も腰が動いちゃうほど興奮してました。「なぁ一回でもいいから エッチしてきてくれないか?」と言われ、「本当にそんなことしてもいいの?嫌われたらいやよ」と言うと 

「いや 凄く興奮しちゃうんだ。たださぁ、帰ってきたらどんなエッチをしたか教えてくれないか?」と言われました。

私は「それはいいけど」と言うと主人は喜び、「出そうだ」というので「いいよ」と答えると、「明日会うんだから中はやめとこうよ」と言われ、私は「お口に出していいよ」といいました。

熱くてドロッとした大量のが出され、興奮していた私が飲みこもうとすると、主人が「ほら、ここに出して」とティッシュを渡されてそこに出しました。

次の日の下着を主人が選びヒモTにガーターを準備し、主人に抱きつき寝ました。
翌日、主人が出勤のときに私を車で送ってもらうので私も準備しました。

子供のご飯の準備中も私は緊張とこれから会う男性とのことを考えて、太ももまで濡らしていました。

そして主人に送ってもらうと待ち合わせ場所に相手の男性が車で待ってました。主人と男性がまず挨拶をし、私を相手の方に主人は預けると、「大切にお返ししますから」と相手の方に言われ、主人は仕事に行きました。

車に乗せてもらい「まずはカフェにでも行きましょうか」と言われ、車中もずっと話しかけてくれ、カフェに着くときには私はお腹が痛くなるほど笑わされてました。

コーヒーを飲んでる時も私を褒めてくれ、優しい主人も褒めてくれ、私はすっかり安心するほどになってました。

「今日一日私の彼女になってもらいますね」と言われカフェを出ました。
ホテルに着き部屋に行くまで 手を繋いでいました。

会って1時間くらいで こんなにいちゃついてる自分に驚くほどでした。エレベーターを待つ間にほっぺにキスをされエレベーターに入ると舌を絡めあってました。

胸も直接揉まれ、私は彼の首に手を回すと、胸の部分が彼に捲られて胸があらわになりました。恥ずかしいけどそれ以上に興奮してました。

エレベーターから降りると彼はそこで私の服を脱がし、スカートも脱がされました。

そしてまたキスをされ、「こんなエレベーターの前でして誰かがきたらどうする?」と言われましたが、初めての体験にかなり興奮していました。

「見られてもいいよ」と私は乳首を彼の口に入れ舐めてもらいました。
「あぁぁぁん あぁぁぁん」と声を出すと、

「よーし 俺のもここで舐めてもらおうかな」とアソコを出され 実物が見えました。「やっぱり大きい」と言い私は舐めました。

「そろそろ部屋に行こうか」と私はガーター姿で廊下を歩いて部屋に入り、彼をベッドに座らせフェラをしました。

彼は「今度は私が」と私のアソコを舐めてきました。「凄い濡れてるよ」というと、アソコと太ももとお尻の穴まで舐めてくれました。

「イキそう」と伝えると「私のでイッテください」と言われ、正常位でゆっくりと入ってきました。「凄い いっぱいだし硬くて裂けちゃう」と言いながらイキました。

「全部はまだ入ってないよ」と言われましたが凄く気持ちが良かった。奥まで来た時には 呼吸もできないほど深くイキました。それからバックでされ何度もイキました。

何度もイッタことがなかった私には、意識がなくなりそうなほどの快感でした。

そして彼が「出すよ、お口をあけてね」と言われ口をあけると、大量の精液が出されました。さらっとしててすぐに飲み込めました。

それから彼は私を抱きしめてくれ、私は少し寝てしまいました。

目が覚め、お昼にしようと部屋にランチを頼み一緒に食べ、その後は私のアソコが痛くてそれで終わりにしました。

夜、主人に話すと大興奮してくれました。ただ主人には「キスはしなかったよ。正常位で一回だけでゴム付きだった」って報告しました。

今も主人公認で月一で会ってます。
安全日に会って中出ししてることは言ってません。(投稿 主人のお願い)
大好きな主人と子供が2人の普通の主婦です。

主人は私の過去の男性とのことをよく聞きたがり、はじめは嫌がってましたが 興奮する主人に沢山話しました。

車でしたことや私の実家のベッドで4人としたことを話したときは、次の日に実家に泊まりに行き、そのベッドで
興奮する旦那としました。

「それから少しすると他の人としてみないか?」と言われました。私は当然嫌がりましたし、主人とする前は私はイッタことはなく、それも話ました。

でも何度も言われ、私は主人がそばにいてくれることと、他人としたあとに主人が激しくしたいという望みを叶えてあげようと、一回だけということでOKしました。

住んでるとこから離れた街で主人が募集した方とホテルでしました。
ビデオをかまえ主人が見てる前で40歳の方と布団に入りました。

緊張しましたが優しい愛撫に感じました。
乳首も念入りに舐められ声がでました。

主人と違うと思い、はっと主人が気になり見てみると主人は近寄ってきて、「最高に興奮するよ」とキスをしてくれました。

私のアソコをネットリと舐めてくれ、私は欲しくなりました。
主人ではなく、会ったばかりのこの人のが欲しくなってました。

私のを舐められながら彼は自分のアソコを私の顔のほうに来たときは私から握り咥えました。「上手ですね」と言われ、夢中でしゃぶってました。

欲しくてつらいくらいになってると、「奥さん いいですよ」と言われ、私は座ってる彼に抱きつき彼を飲み込みました。

奥に当たりそうで当たらないのに、私は夢中で腰を押し付けるようにふりました。
(イッチャウ)と思ってると、彼が「イク」というので引き抜かれ出しました。

主人が近寄り40歳の方に「これで失礼してください」と帰ってもらいました。

「どうだった?」と聞かれましたが、私は「イキそうでいけなかった」と。
挿入はされてましたが、じらされてるようで・・・

そして主人のを咥えました。いつもよりもパンパンな亀頭に興奮し、「ねぇつづきをして」とお願いしました。

同じ体勢で入れられると、主人のほうが少し大きいかなと思ったとたん奥にあたり簡単にイキました。

「俺以外でも感じたろ」といわれバックでされ、「気持ちよかったか?」と聞かれ、

「気持ちよかった あなたじゃないと思うと 犯されてるようで興奮しちゃった」と言うと、主人は激しくバックでしてくれました。

「あなた 凄い!」というと、「またしてほしい?」という主人に、「あなたがいいなら いろんな人としてみたい」というと主人はイキました。

その後ピルを飲み 主人の前で8人としました。いろんな人としても その後の主人とのエッチがやっぱり気持ちいいです。(投稿者 一筋だった私)
35歳の主婦です。

私の旦那は優しく今も仲良しな夫婦なんですが、3年前位から「3Pしよう」とか「誰かとしてるとこが見たい」とか言ってきました。

でも私は旦那で満足してるし好きじゃない人となんていやでした。

でもこの前10日間旦那の出張があり、生理前で欲求が溜まって旦那の帰りを待ってました。

出産のあと性欲が強くなり、旦那の帰ってくる日は子供を実家に預け、一晩楽しもうとウキウキしてました。シャワーしようとしたとき旦那が帰ってきました。

早く終わり飛行機がとれたので3時間も早く帰ってきて私は嬉しくて喜んでると、後ろに旦那の友達が一人いました。

旦那の友人は見送りに空港にいたらしく旦那に会い連れてきたようです。食事もしてきたようで、旦那だけ酔ってます。旦那の友人は飲めないらしく飲んでませんでした。

私はメールで昨日エッチ楽しみにしてると伝えたのに、酔ってダメでさらに友人まで連れてきて不機嫌になりました。

酔った旦那は 友人の前で私に「飲みすぎてエッチは無理だ。コイツにしてもらえ」と大笑いしました。

処女から旦那一本の私なのに、私も本気で腹が立ち、「いいのね 今日はしちゃうから」って言うと「やっとやる気になったか」と笑いながらいい、友人に「エッチしてくれ」ってお願いしてました。

友人は困ったようですが、私もさらに腹が立ち、「寝室で二人でするから。それと私がいいって言うまでやめてって言ってもやめないからね」と友人の手をとり隣の寝室に行きました。

戸はあけたままにして旦那に見えるようにです。

寝室で友人(Tくん)に「ゴメンね。旦那にお願いされてていやって言ってたんだけどムカついちゃって。こんなだけど私といい?旦那しか知らないんだけど。」

「えりちゃんいいのかい」って聞かれて「ウン」って答えた。

「旦那にヤキモチやかせてこんなことさせたの後悔させたいから、凄い事しても軽蔑しないでね」って断って、居間にいる旦那に

「寝室には入らないでそこで見ててね 約束だよ」って言ってからTくんを私が裸にしました。

初めて見る旦那以外のアソコは驚くほど硬く黒く頭もエラが張ってて、旦那より2周りくらい大きなものでした。

握っても指が届かなくてビックリしましたが、私のアソコは濡れてくるのがはっきりわかりました。

あんなに興奮したのは初めてで、Tくんのをすぐに舐めてしまいました。

旦那の洗った後にするフェラとは違い、汗のような男性の臭いなんでしょうか、そのニオイにも興奮しさらに激しく舐めると、Tくんは「ゴメンでちゃう」って言います。

「待って」と言いましたが、私は興奮して手で激しくしごき、舌で舐めてたらドロッとしたのが口に来ました。

旦那のも口に出されたこともありませんが、初精液をのみました。
その後Tくんの前で私も自分で服を脱ぎました。

旦那以外の愛撫を始めて受けました。乳首をいじりつづけられさらに興奮してる私を四つん這いにさせ、お尻を開いたりを繰り返し、いきなり電気をつけたんです。

旦那に見せてるようで旦那は一人でしてます。
私は興奮のあまりお尻が自然と動き旦那に見えるように自分で開きました。

するとTくんは「舐めてほしいんだね、頑張るわ」って言われ急に恥ずかしくなりました。

「えりちゃん、旦那みてごらん」って見るとしごいてます。

イキそうなのを我慢してると「この姿勢でアソコなめると鼻に肛門がくるね えりちゃんきちんと拭かないとダメだよ」といわれ、恥ずかしくて大声をあげイっちゃいました。

その間に復活したTさんはベットに座り、私にしゃぶらせ私を跨がせ挿入してっていわれ、理性のない私はデカチンをあてがい腰を根元まで沈めました。

強烈なはじめての快感に繰り返しいっちゃいました。
少し動いてもいきまくります。

すぐにグッタリした私にTくんは「旦那以外もいいでしょ」って言われ、「うんいっぱいしたいって思ってる」って答えると、

「よし出すよ」と言われ、「中はダメ 他ならいいからお願いだから」って言うと、私から抜いて立ちバックの体勢にさせられました。

すると私のお尻にあてがうんです。「そんなとこ無理だよ」って旦那に聞こえないように言うと、「力抜かないと中に出すよ」といわれ、

「こんだけ濡れてるから入りそうだよ」と言うとほとんど無理やりアナルを貫通しました。

その体勢のまま旦那の前まで行き、「えりちゃんこんなエッチだぞ」と旦那の前でT君は座り、私のお尻に入ってるとこを見せました。

旦那に「気持ちよかったか」と聞かれ、「うん はまりそう」っていうと、私のアソコに入れてきました。

お尻が痛くてたまらなかったんですが旦那が「出そう」というので耐えてました。

その後旦那は他人とのエッチは言わなくなりました。
でも私はそのあとTくんに電話し抱かれてます。

やめないと、と思ってますがなかなかやめれません。
初めての体験をしてきました。

GW、私も主人もカレンダーどうりの仕事、でも、何とか前半の連休に家族で旅行に行ってきました。

私29歳、主人30歳、子供4歳と2歳、結婚6年目の主婦です。

子供が通う保育園の保護者の家族3組で1泊の旅行へ行ってきました。

私の家族は4人、中村さんの家族は4歳の子供と奥さんとご主人で3人、田中さんの家族は4歳と3歳と1歳の子供と奥さんとご主人で5人の家族なんです。

それぞれ、自分の家の車に乗り飛騨高山に行ってきました。

4歳の子供が同じクラスで仲がよく、途中、中村さんの車に子供たちが乗ると言い出したり、

少し走ればトイレだの喉が渇いただの、お昼ご飯だの、何とか高山について町並みを見ながら歩けば
疲れたと言い出し、それでも夕方何とか民宿に着きました。

でも、それからも大変。急いで子供をお風呂に入れ晩ご飯、少し遊んでなんとか寝かしつけたころには疲れて母親たちもダウンの有様です。

父親たちも当然手伝ってくれますが、食事の後の父親同志の飲み会で食堂にいます。

部屋は家族単位で3家族隣同士、薄い壁で子供が夜中に泣けば聞こえてしまいます。

そんな中、すごい事が起こってしまいました。

私も子供二人を何とか寝かしつけうとうとしていると、主人が入ってきて私の背中に回り、抱きついてきたんです。

「今日は駄目、みんながいるんだし。」といっても離れようとはしません。

そのうちやめるだろうと思っていましたが、今度は寝巻きを脱がし始めました。

私も頭にきて、それでも小さな声で、「だめだって言ってるでしょう。」

と振り向くと、そこにはなんと中村さんのご主人がいるんです。

「シーッ、今、ご主人は田中さんの奥さんの所にいます。田中さんのご主人は私の家内の所にいて、抱き合っていますよ。だから、静かにしてください。」

私はやっと主人たちの悪企みに気がつきました。

主人が最近、「俺以外のものに抱かれてみないか。」といっていた事に気がつき、このことだとわかったんです。

中村さんのご主人は確か28歳、イケ面で背も高く、かっこいいんです。

主人と違う手が私の寝巻きを脱がし、だんだん裸にしていきます。

私も自然にそれに手伝って腕を抜いたりお尻を上げたり、そのとき隣の部屋から「ああ、、。」と、うめき声が。

隣には中村さんの奥さんと田中さんのご主人がいるはずです。

「隣では始まりましたよ。私たちも始めましょう。」
その言葉が合図のように、今度は私がご主人の浴衣を脱がし始めました。

しかし、中村さんのご主人が着ているのは浴衣だけで、下着は初めから来ていないんです。

ご主人は「どうせ脱ぐんだし。」と言い、裸になると私に覆いかぶさりキスをしてきました。

やさしく、それでも濃厚なキスに私はうっとりとし、もうされるがままです。

胸と股間を揉まれ、舐め回され、体中をまさぐられ、そして私もご主人の大きくて長くて硬いものにキスを。そしていよいよ。

ご主人はいつの間に用意したのか、コンドームの袋を破ると、「絶対にこれを使うこと、おれたち3人で決めたルールなんだ。付けてくれる。」と、私に渡します。

私はそれを仰向けになっているご主人のものに付けました。そのとき、はっきりこれが私の中にと思うと胸が張り裂けそうでした。

隣の部屋からは中村さんの奥さんの喘ぎ声と、体を動かす振動と肌と肌がぶつかる音が聞こえてきます。

そしていよいよ中村さんのご主人が、、、、私は子供が二人寝ている隣で仰向けに寝かされ、足を大きく開かれ、ご主人のものを受け入れたんです。

「ああ、、、」
御主人のものがゆっくり私の中に入ってきます。
私は手で口を塞ぎ、必死に耐えていました。

そしてご主人が腰を動かしピストンを、「ああ、いい、、、」もうそのときには隣の隣の田中さんの奥さんと私の主人がいる部屋まで声が届いていたと思います。

私は必死に中村さんのご主人の体にしがみついていました。それからは時間がどれくらい過ぎたかわかりません。

私は中村さんのご主人に後ろから突かれたり、上に乗ったりと、次から次へと逝かされました。

そして再び、三度正常位になったとき、中村さんのご主人が私の中で果てました。しばらくして中村さんが帰っていき、主人が戻ってきました。

「どうだった。」主人は優しくそう言います。
「うん、よかったよ。」私は中村さんに抱かれた裸のままそう言いました。

「あなたは、」
「ああ、田中さんの奥さんって3人も産んだ体って思えないくらいなんだ。」

「そう、よかったわね。」そう言って私の初体験が終わりました。
前編は以下のとおり
主人の前で主人の募集した男性と

その日の翌日から4日連続で主人は 求めてきました。私も 気持ちよかったと正直に答えると 主人はさらに嫉妬で興奮すると激しくされました。

4日目の夜「今週も誰か募集してしてみようよ」と言われ、「あなたが興奮しすぎてダメじゃないの」と言うと「興奮したいんだ」と凄く楽しそうにしてました。

実際、その日から仕事中も主人からメールがあり、「今晩もしないとおかしくなりそう」とか「お前と離れてると凄く寂しい」とかメールが入り、前よりもずっと大切にされてる気になりました。

前回、募集した相手の中に、大学生のほかにあと2名迷った男性がいたので一人に声をかけ週末会うことになりました。

その男性は顔は好みではなかったですが 男性器が18cmと一番のアソコでした。

「エッチのみの相手だからアソコも重要だよ」と主人に言われ、大きいのに正直 興味のあった私はその人にきめました。

奥の感じる私は何度もイき、バック、正常位、騎乗位、全てでイキました。
その後に入れた主人はユルユルだといいながら興奮してました。

次の日から主人はまた毎晩求めてきて主人も興奮してましたが、私も刺激が強すぎて日中オナニーをするまでになってました。

生理になると、今までにないほどウズウズしてる自分がいて、主人に「生理が終わったら次はどんな男性としてみたい?」と聞かれ「童貞を奪ってみるなんてどう」と言われ、

「私で大丈夫かな」というと、「探してみよう」といわれ2人の童貞を順番にいただきました。

みんなすぐに出してしまうので次は中年の方とすることになり、2人目の中年の方はテクが凄く、その方のセフレにしてもらおうと主人に言われ、その方と少し続きました。その方にはお尻も開発されイクまでになりました。

セフレということで、会うときは主人はいませんでした。

その中年の方とするようになってから 主人には言ってないプレーがはじまりました。

その中年のセフレは友人や知人を連れてきて3Pや4Pをするようになり、アソコとお尻の同時も何度もしました。

そのうち、知人のとこに私だけ行かされ、会ったばかりの方とすることも増えました。

みんなフェラも身体も最高と言ってくれ、私もエッチに関しては どんな男性でもイカせられると思うまでになりました。

私はエッチが大好きなんで、そんなセフレがいながらも主人とも週に何度もしてますし、月1くらいで主人の前で募集した方ともします。

そんなセフレも転勤で会えないとこに引越し、関係が終わりました。

そのセフレと別れてからです。私も主人もプレーを楽しむという形でしてたので、知り合いとはしてなかったんです。噂になっても困るので。

ただその頃にはかなりの男性と私はしてたので、そんな気持ちもなくなってたのかもしれません。

主人の親友が離婚したと聞きました。
家に来たときかなりの落ち込みようで本当に可哀相でした。

仕事も出来る状態じゃないとずっと休んでるといってました。
奥さんがいなくなって本当に寂しいと言って帰っていきました。

私は次の日、主人の親友のとこに行きました。
元気のない彼に「奥さんと思っていいよ」と言うと抱きしめられました。

そのまま抱かれました。奥さんは男をつくり出てったみたいでした。
毎日通いエッチしました。気づくと誰とでもする女になってました。

今は主人にもお願いし募集もやめてます。(投稿者 変わった自分)
出会い系


copyright © 2015 女性のH体験告白集 all rights reserved.

エッチ 体験告白