H体験告白 あそこ

ここでは、「H体験告白 あそこ」 を紹介しています。
38歳の主婦でパートをしています。
先日会社の飲み会がありました。

飲み会で盛り上がってるとき、隣に25歳の社員の子が隣にきてお話しました。

私は楽しくお話して彼も凄く楽しい話をしてましたが、「若い子のとこで盛り上がっておいでよ」と言うと、「いいえ」と言い、私の横にずっといました。

「まゆみさんみたいな人と一緒になりたい」とか嬉しいことをお世辞でも言われて、私はご機嫌でした。

みんなが盛り上がってる隅のほうにいた私達は、周りからはあんまり見えません。

彼からテーブルの下で手をつながれ、私はドキドキでしたが 、私も酔っていたからかギュッと握り返してました。

そのうち私は胸が彼にあたったりしてドキドキしすぎてました。

すると上司が急に彼に「森山(彼の名前)おとなしいなぁ ガキだから眠くなったのか? 酔ったのか? まゆみさん 少し横にさせてあげてくれるかい?」といわれ、彼は私の膝枕で横になりました。

少しするとお尻辺りに彼の手が来て、私が「ちょっと当たってるよ」というとニコっと笑いそのまま手をお尻に当てたままいました。

すると今度は彼が下着の中に手を入れてきて、ちょっと、と思うと目の前に上司がお酒を持っていました。私は凄くあせっていました。

そして「まゆみちゃん飲んでるかい?」と上司にお酒をすすめられました。

上司も酔いがかなりまわっており、私と仕事の話などをしてるときです。
彼が正座の私のお尻を開いたり揉んだりしてきたんです。

えー、と驚いてると上司が「まゆみちゃん聞いてるかい こんなやついいから」と膝枕の彼の頭をよけました。彼は痛かったのか、手をお尻からはなしました。

ちょっとふざけるからよ、と思い上司と話をはじめました。

彼が寝返りをうち、少しすると短めのスカートの後ろがなんだか涼しいような気がしましたが、そのまま上司の前で正座してました。

ちょっとしてまたお尻に指があたったような気がしました。

そしてちらって後ろの彼をみて驚いたのは、私のスカートの後ろがめくられて彼の指は私の下着を横にずらしていたんです。

目の前に上司がいてお話中なんでどうすることもできずに恥ずかしくて汗がでそうでした。

でもきっといたずらしようとして寝たんだと思い、でも気になり上司にわからないようにそっと彼をみると彼は目を開けてました。

恥ずかしいですが彼の鼻は私のお尻の穴にくっつきそうなとこです。でも彼も私に知られてないという感じでみてるようです。触ったりは一切しないですから。

すると幹事の方が「そろそろ時間です」といいました。
上司は「頑張ってね期待してるから」と握手されました。

そのとき幹事の方が上司に挨拶を一言というと、上司は、「よしまゆみちゃんと挨拶するわ」と私をひっぱりました。

腰が浮くと下の彼が少し動いたんですが下着の指ははなしません。
よりずらされた感じです。

私は「えー彼はもしかしてずっと私のアソコみてたの」そう考えると私は興奮してしまったんです。

上司は私の手をはなし挨拶に行きました。また正座をしようとすると、彼は私の足の上に自分の腕をおき私はお尻が浮いた状態で座りました。

上司の挨拶中彼は私のマンコをみてたと思います。お尻の穴もです。
そう思うと濡れてたとおもいます。

彼は一切触れてこなかったので、知らないフリしようと思いました。
でもあのときの興奮は今思い出しても濡れちゃうんです。

見られて興奮するなんて思ってもみなかったので、酔ってたせいかテーブルの下のものをとるフリをして彼の前で四つん這いのような格好になりました。

そこで飲み会は終了しました。

少しして寝てる彼を起こし、「ちょっと~お尻触ったの」というと、「すみません」とあやまり笑って解散しました。1時間近く見られてたと思います。

トイレでアソコを見るとやはり濡れてます。
ドロドロで初めてでした、あんなに濡れたのは。

家に帰り寝てる旦那を起こし、「酔ったからエッチしたくなっちゃった」と言うと、旦那は「そうか」と抱いてくれました。

旦那がマンコを舐めてくれてるとき、飲み会の事を思い出していっちゃいました。

旦那が挿入してきたとき、彼にされてるのを想像して、凄いイキ方をしました。

思いだして時々オナニーしちゃいます。会社で彼をみると濡れてきます。
大好きな旦那さん、マンコ見られちゃいました。ごめんなさい。
出会い系

copyright © 2017 女性のH体験告白集 all rights reserved.

エッチ 体験告白