H体験告白 処女/初体験

ここでは、「H体験告白 処女/初体験」 を紹介しています。
当時22、160/細身、綾瀬はるか似

神奈川、当時25、彼女無、錦戸亮似

イメージトレーニングしていきました。初エッチの準備は万端です。
今日はお買い物→食事の予定。

食事中、私は死にそうでした。心臓は激しく鼓動するし、呼吸もとても荒くなって。この後の展開にドキドキです。

のどの奥がすごく渇くため、赤ワインをどんどん口に運んでしまいました。

えっと、私は誰だっけ?この目の前に居る人って誰だっけ??ここはどこだっけ・・・ 当然記憶は飛んで・・・

・・・静寂の中、私の腕時計の秒針がゆっくりと時を刻んでいます。
隣には介抱してくれる錦戸似さんの姿が。

えっと、ここは・・・「ほテ、ほテ、てるっっ ほぉてぇるぅの一室っすか!」
急にドギマギしてヲタ臭たっぷりな語り方をしちゃいました。

・・・この後はグダグダすぎるので一部省略です・・・
・・・錦戸似さんの背中は汗でベトつき小刻みに震えていて・・・

「感じてくれてるんだ」・・・そう思うと痛みはやわらぐ事はないけど、我慢できちゃいます。

錦戸似さんの肉の重みが最後、一気にのしかかり「ぃ痛・・・」一瞬腰がひけ、私の身体はベッドのシーツの中へと沈んでゆきます。

痛みを堪えながら生温かい意識の海の底を彷徨いつづけ何度も何度も打ち付けられていくと、、ようやく地上への出口を見つけ浮上。

私は思いっきり息を吸い込みました。私はエッチの快楽の海に溺れてのたうちまわっていることに気づいたんです。

行為が終わってもなお、錦戸似さんのペニスは私の太腿の上で脈打ち、粘っこい白い液体を垂れ流しています。

絶頂と共に放たれた液が私の鎖骨のくぼみから溢れて・・・胸を伝い・・・脇腹の横に滴り落ちます。

「ちゃんと外で出したからね」「何回イった?」
錦戸似さんは悪ガキのような笑みを浮かべて私に恥ずかしい質問を浴びせます。

「いっぱい…そう言ってほしいんでしょ?」「もう・・・こんな質問ヤダ」
悔しくて私は錦戸似さんの唇を甘噛みしました。

ビクッと一瞬して、私の頭を撫でる錦戸似さん。
やっと大人になれた私は発情した錦戸似さんの体にむしゃぶりつきました。

今夜の私はただの耳年増じゃない・・よね。
体の芯から燃え上がってしまった淫らな炎を錦戸似さんに鎮めてほしい。

錦戸似さんのペニスで濡れた花弁の入り口に無理やり押し込んで、奥の疼きが消えるまで動かし続けて欲しい・・・

私の指先はいつの間にかペニスの裏側を撫でていました。
次第に錦戸似さんのペニスは熱く硬直してゆき、お尻にこすりつけてくる。

「口でするのも、はじめて?やってみる?」「うん・・・」
「・・・きらいじゃないと思う」

本当はすごくして欲しいくせに…私はちょっとだけ優越感に浸って、錦戸似さんのペニスを口の中に頬張る。

錦戸似さんは私の髪をかき上げ、己の性器に吸い付くオンナになったばかりの私の顔を上から覗き込む。

どうして・・・どうして私は会ってからそんなに経っていない
錦戸似さんのペニスをしゃぶっているんだろう・・・?

私、錦戸似さんを好きになっちゃったのかな、それともしたかっただけなのかな。。。

・・・そのままホテルに一泊してエッチなことを沢山して、
また午後お買い物に付き合ってもらってから帰りました。

どうやら本当に彼女さんは居ないようです。なんでだろう・・・

錦戸似さんは私のよき教育係です。いつもありがと。
これからもエッチなこと沢山教えて欲しいです。
出会い系

copyright © 2017 女性のH体験告白集 all rights reserved.

エッチ 体験告白