H体験告白 家庭教師

ここでは、「H体験告白 家庭教師」 を紹介しています。
家庭教師先で…約束の時間に生徒が不在な時(よく逃げたり、遊びに行ってたりする困った生徒で…;) がよくあり、そういう時は門前払いなんです。

そうなるとこっちは予定を空けているのにもかかわらず授業料が発生しないという最悪な事態になるんです。

ある日、生徒の父親が出てきて、門前払いばかりで悪いから…と、家に上げられました。

正直、授業料発生!!と、心の中ではガッツポーズだったのですが、生徒不在で90分、何をしたら…?と不安な気持ちもあったんです。

すると、生徒の父親(以下、お父さん)がコーヒーとお菓子を持ってきてくれて、生徒の進学相談の話になりました。

お父さんは話がうまく、生徒の素行→夫婦間の教育方針→夫婦仲→夫婦のエッチの相性→私の彼のエッチの相性、という、とんでもない方向に…。

お父さんは37~38才くらいでルックスもよく、若い感じの砕けた感じの人でそんなに抵抗なく話せてしまったのでつい…。

私の彼の手マンがヘタクソで…っていう話しになり、俺はうまいよ?といって手をみせてくれました。なるほど、指は太くてゴツゴツしている。爪もきれいに切りそろえてある…。

そうやってまじまじと見ていると、口の中に手を入れられて口の側壁をなでられてしまいました。『なにふるんれふか…あn』と言いましたがその声が余計に興奮させてしまいました。

「気持ちいい?」
そう聞かれて私は気持ちイイというよりはエッチな気分…だったので、

「うん。でもお父さんになら下でもしてほしいです…」と言ってしまいました。

お父さんは私の背後に回り、スカートに手を入れられ、パンツの上からタテにあそこをなでられ、片方の手では私の胸を触られました。

耳元でお父さんは「いけない先生だね」とささやいてきます。とうとうお父さんの手は私のパンツを下にずらし、私のアソコの出入り口をナデナデしはじめます。

さすがにやばい!と思いつつ、気持ちよくてもっと!と思いつつの複雑な心境だったので、「や…やっぱりダメです!本当にするなんて思ってなくて…」と言って、バッと離れました。

この離れた姿勢が四つんばいでヨチヨチ前進…というマヌケな格好だったのですが、その状態で「でも、濡れてたみたいだけど?」と意地悪そうに言われてその状態で固まってしまいました。

そのまま、お父さんは四つんばいになった私の背中に覆いかぶさり、
「洪水みたいになってたよ?」そう言われました。

私は図星をつかれて恥ずかしくなり
「やめてください!」そう言いました。

私は後ろからまたもや両手で胸を生で揉まれ、上には薄手のきちんとした感じのTシャツを着ていて、ブラごと胸の上辺りに捲し上げられてしまっていたんですが、あらわになった乳首を指先でコリコリとされ、不本意にも(少しは期待もあったのですが…w)感じてしまいました。

スカートも捲し上げられ、恥丘側からクリを刺激され、お尻側からは指が挿入されてしまいました。太ももにたれる液体に気づいたとき、私は観念して、お父さんに身を任せることにしました。

クチョクチョクチョ…とお父さんの指先が私の中で動くたび、私は声を出してしまいそうになりました。

「声出していいよ」そう言われてわたしは息をすることができたように思います。

ハアハア… そうしてるうちにグッと気持ちイイ波が来て、私はとうとういかされてしまいました。

その時は、それで終わったんですが、次の授業日にも、進路相談があり・・・そのことで眠れず、今の時間になってしまいました。
出会い系


copyright © 2017 女性のH体験告白集 all rights reserved.

エッチ 体験告白