H体験告白 元彼

ここでは、「H体験告白 元彼」 を紹介しています。
子供二人を持つ31歳の母ですが 仕事をしています。

パートでしたが正社員にしてもらい研修に行きました。寮完備の研修所で主人にも「行っといで」と言われて1週間行きました。

そこの研修所に主人と結婚する前に付き合ってた元彼が教官として勤めていました。

元彼とは7年付き合い、私は大好きでしたが、元彼の親友だった主人(夫)と浮気をしてしまいました。

元彼が大好きだった私は、今の主人に「もう会えない」というと、なかなか納得してもらえず「最後にやらせてくれ」と言われ、それを受け入れましたが 主人がそれを元彼に言ったことで元彼にフラレてしまいました。

落ち込む私はずっといてくれた主人と一緒になりました。
研修所で再会しましたが元彼も「久しぶり」と普通に話してくれました。

部屋に戻り女性が一人だった私は女性寮でノンビリできました。

主人に電話をしようとしましたが夜の勤務を思い出し朝かけようと思ってると、元彼がきました。ビールを持ってきて一緒に飲みました。

そのとき主人から電話があり 電話に出ようとして元彼から離れようとすると、手をつかまれソファーの元彼の横に座りました。

「研修はどうだ?」と普通の会話でしたが「今なら少し話せるから」とかけてくれたようで 話してると元彼は私を抱き寄せてきました。

私が夫と電話をしながら元彼に頭を寄せると、敏感な胸を揉んできました。

私は抵抗もせずさらに身体を寄せると、元彼は電話中の私の顔の近くまで顔をくっつけてきて私は唇をくっつけました。

また主人と電話で話してると元彼はソファからおりて私のスカートの中に手を入れ、パンストと下着を脱がせようとし、私は電話をしながら腰をあげ脱がしやすくしてました。

明るい部屋でM字で足を開き、元彼はじっくり見てました。

臭いフェチだった元彼は臭いを嗅ぎだし、なかなか電話をきらない主人にたまらなかったのか、音をたてながら 舐めてきました。

主人と電話をしながらアソコを舐められてると思うと余計に濡れてきて、元彼も我慢できなかったのかアソコを出し、入れようとしてきました。

電話を切ろうと「お風呂に行こうかな」と言うと
「もう少しいいじゃない」と話好きな主人は切ってはくれません。

元彼は入れてきました。(奥まで入れられたら声が出ちゃう)と思ってると半分だけで動いてくれました。

奥が感じることを元彼は覚えてたんでしょう、そんなとき主人が「そろそろ仕事するよ 時間あるならマッサージでもしてもらったら?」と優しく言われました。

「ありがとう」と電話を切った途端、元彼は奥まで入れてきました。
毎晩、、元彼はきました。

最終日は泊まってくれ、朝一にもし、毎日してたので少ないですが中だしを受けました。

帰宅した私に主人も「今晩しよう」といい、主人とすると(主人の方が太いんだ、太いのって気持ちいい)と思いながら激しく腰をふりました。

すぐに出した主人に(長持ちは元彼だ ずっと気持ち良かったもんなぁ)と比べてしまいました。

結婚当初、主人が「親友の元彼と3Pしようか」と何度も言ってきて断ってましたが、今思えば(しちゃったら良かった 勿体無いことした)と思いました。

(投稿者 erika)
出会い系

copyright © 2017 女性のH体験告白集 all rights reserved.

エッチ 体験告白