H体験告白 OL

ここでは、「H体験告白 OL」 を紹介しています。
自暴自棄というか完全に自分を見失っていたその頃、学生時代の先輩にバッタリ遭遇し、食事に行きました。

その際に誘われるがままアルバイトをしたのがフーゾク系コンパニオン…。
いわゆる“ピンクコンパニオン”というものです。

確かにセックスはなかったけど、「お客様」の性欲を満たすだけのお仕事。
ヤケになってたとはいえ、自分で選んだこと。後悔と共に、いま懺悔します。

ピンクコンパニオンのお仕事というのは、エージェントさんに登録しておけば、ケータイに連絡が入ってくるものでした。

空いてる時間(余暇)を利用でき、ある程度、「どういう団体さんがお客様」なのかも教えてくれましたし、行きたくなければ拒否することも可能でした。

私がよく行ったのは、コスプレの宴会ですね。(ご要望によっては、白ブラウスと黒スカートの場合もありましたが)

お仕事は、約2時間。 女の子は4人前後から、多い時で10人ぐらいが同行で参加します。コスチュームで一番人気が高かったのは、チアガールでしょうか?

それから、チャイナやキャバクラ風のミニドレス、ランジェリーもリクエストは多かったみたいですね。いずれも、パンティストッキングは着用出来ました。

それのみが、お客様の過度のタッチからの「防波堤」という感じ。でも、ランジェリー姿は、パンストは穿けるものの、ブラ+ショーツにスリップだけの姿…。

これは、さすがに私には恥ずかしくって、なるべくドレスOKの宴会に行くようにしてました。お仕事の内容は、簡単に言えば、「お酒の相手をする」という簡単なものでした。

ただ、コスチュームがコスチュームだけに、軽い“タッチ”は我慢をしなければなりませんが…。

お客様が酔いに任せ、「過度のサービス」を求めてきたら、その時はリーダーさん(女性の先輩です)がうまく助けに来てくれます。

なので、肌に直接触られるようなことは、ほとんどありませんでした。私の場合、引き受けたほとんどのお仕事が、この「(2時間)ショート」と呼ばれるものです。

でも、「どうしても、人が足りない」という時は、“ヘルプ”で「ロング」(宿泊宴会対応)にも行ったことも何度かあります。

これは、また少しお仕事の内容が変わりました。
「ロングのヘルプ」は、サービスが少し濃厚になります。

少々遠方の旅館へ出向き、宿泊されているグループ客の宴会のお相手をします。

私たちの服装は、一見シンプルで、ブラジャーが透ける程度の白いブラウスと黒いミニのタイトスカート。

ただし、スカートの下は、各自、色とりどりのガーターベルトに吊るされた黒の網タイツ…というセクシーなものでした。

ちなみに、ブラとショーツ以外はエージェントさんが支給品してくれました。
1次会の内容は、先の「ショート」とあまり変わりません。

旅館の宴会場でお酒の相手をしたり、軽いタッチを楽しんでいただく程度です。
“しんどかった”のは、その後。

2次会(いわゆる「延長」)で、お客様のお部屋へ移動してからです。

1時間程度は、お酒の「飲み直し」のお相手をするだけでよいのですが、その後は“お客様へのサービス” をしなければなりませんでした。

お客様へのサービス…。 それは、射精の“お手伝い”をすること。

女の子同士が適当にペアを組み、お客様を1人ずつ部屋の浴室へ招き、順番に身体を洗ってあげる…というものでした。もちろん、お客様も私たちも裸です。

まず、私たちがお客様をカラの浴槽で「サンドイッチ」の状態にします。
つまり、お客様の背後に1人、向かい合わせで1人が立つ格好です。

シャワーをかけてお客様を綺麗にした後、私たちは泡立ったソープにまみれた身体と指を使い、前後で身体をくねらせながら、お客様のボディを洗っていく…というものです。

ペニスへの“刺激”は、お客様と向かい合ってる女の子が担当します。

指をペニスに絡め、お客様が射精するまで、時には優しく、時にはくすぐるような感じで、やんわりとしごいていきます。

私は後ろを担当したかったのですが、お客様の要望で「向かい合わせ担当」が多かったですね。

なので、あの一時期、たくさんの男性が私の手によって“イク”ところを見ました。

お金はたくさんいただきましたが、実に虚しいアルバイトでした。
やったこと、後悔しています。。

私が所属していたエージェントさんは、女の子の「若さと可愛さ」が“ウリ”のようで、フェラチオやセックスはNGとしていました。

それ以上のサービスを求めるのなら、他のエージェントへどうぞ…という感じ。セックスしなければならないのなら、登録する女の子は減ると思います。

それに、意外と、無理を言うお客様も少ないのです。それは、エージェントの後ろにある“影”(ややこしい人の団体)が見え隠れしてるからではないでしょうか?

とはいえ、私自身はエージェントのオーナーにほとんどお会いしたことがありません。指定された集合場所へ行き、当日のリーダーさん(女性です)が運転する車で現地を往復するだけですから。

アルバイト代も、その日のうちに現金でいただきます。ただ、キスには応じることもありました。舌の侵入は、なるべくお断りしましたが…。

ロングの時、宴会ではなにもしない人(笑)

そのくせ、浴槽でシャワーをかけてあげると、妙に興奮して、“あっはぁ~ん。。” とか甘い声を出して、1人悶々とするオジさま。(-^〇^-)

いま思い出しても、笑っちゃいマス。その一方で、説教をするお客様も時々いました。ロングの時に多かったですね。

その内容は、
「君の親は、この仕事のことを知ったらどう思うと考えてるんだ?」
「他にも、やるべき仕事はあるだろう?」
…に集約されます。

でも、そういうお客様が射精するのを見るのは、なんだか“面白かった”ですネ(笑)  キスを求めてきても、やんわりとお断りしました。

そして、心の中で、「間抜けやな~(^_^;)」と笑ってたもんです。
キスは軽く歯を閉じ、舌の侵入を妨げてました。

でも、ぶっちゃけ由梨佳も軽く酔ってるし、“雰囲気を持ってる”優しいお客様には、本当に「その場だけの恋人気分」で、思わず舌を絡めてしまったこともありマス。。

1人のお客様にかかる時間は、2人がかりで、せいぜい10分か15分間程度…。
「つかの間の恋人」ですね。(-.-;)  (投稿者 由梨佳27♀)
出会い系


copyright © 2017 女性のH体験告白集 all rights reserved.

エッチ 体験告白