H体験告白 遠距離

ここでは、「H体験告白 遠距離」 を紹介しています。
月曜日、遠距離恋愛中の彼と、約一ヶ月ぶりに会いました。

しばらくドライブなどをした後ホテルへ。私はホテルに入るのは二度めです。

そして照れもあって、私は部屋中を探索したり、オフロを見てみたり、ブランコ(部屋にあったんです)に乗ってみたり。

そうしたら彼が私を見てるので、「ムードないヤツって思ってるでしょ」って言ったら、

彼は笑って「いや、相変わらずだなーと思って」だって(笑)。

恥ずかしくてウロウロしてたら、ベッドに座ってた彼が、
「こっちおいで」って手を引っ張って。

そのまま倒れこんで、抱きしめられてやさしくキス。
私は緊張して固まっていました(笑)。

何度もキスされて、私も応じられるようになってきて、そしたら彼の手が私の胸に伸びてきた。

服の中にも入ってきて、ブラ外されて、キスされて。

もう気持ちよくて、「あん、やぁん」っていっぱい声が出ちゃった。

自分でも、アソコが濡れてるのが分かりました。
そしたら、彼が私のジーンズのベルトをはずそうとするの。

その日は蒸し暑かったし、いっぱい歩いて汗かいてたから、
「オフロ入んなきゃ!」と思って。「やん、だめぇ!」って。

「おふろ・・・おふろ入んなきゃ・・・」って言ってるのに、彼はおかまいなしに私のジーンズと下着を脱がすの。いつもと違う彼の強引さに、私はパニック! 

彼は自分も服を脱いで、私のアソコに手を伸ばしたんです。

濡れてるのが恥ずかしくて足を閉じても、内腿を愛撫してガードがゆるんだところに手を滑りこませてくる。

クリを指でいじられて、もうどうしようもなく感じちゃった。

「あん、ああん!だめぇ・・・んんんっ!!」

彼は「気持ちいい?」って聞いたけど、私が感じすぎて答えられないのを見てさらに指を動かすの。クリをぶるぶるこすったり、ゆっくり撫で回したり・・・。

「ん、あ、だめっ!」って私が小さくイって、もう耐えられなくてうつぶせになって逃げようとすると、今度は私の背中からお尻にキス。

私はビクッ、ビクッてのけぞって、おツユは太股までツツーって流れて・・・。

そしたら彼は、覆い被さってきて左手でクリ、右手でアソコを刺激してきたの。

そしてそのままアソコに顔を近づけて。そんなカッコで舐められたことってあまりなくって、もう私は両手両足をささえるのに精一杯。

彼の舌が私のクリを、中をかき回す。
ぴちゃぴちゃと音が聞こえて、私はその音にさらに興奮して、喘ぎっぱなし。

再び仰向けにされて、今度は指を深く入れられた。

彼は私の表情を見ながら、指をもう一本増やす。

彼の指の抜き差しにたまらなくなって、
「あんっ!あんっ!あんっ!」って声が出ちゃった。

もうこれ以上したらイっちゃう!ってトコロで、彼の指が抜かれて。

コンドームをつけた後、彼自身が入ってきました。

一ヶ月ぶりだったので、最初は少しきつかった。でもそれが気持ちよくて、
「ああぁーーん!!」って叫んじゃった。

正常位の形から、体を起こして対面座位(だっこの形)に。私はこの形が大好きで、彼はいつもそうしてくれるんです。

私は感じすぎて動けずにいたら、彼が私の腰をグッと引き寄せたの。

「あん!やあっ・・・はぁんん!ああん!あぁーっ!!」
私も夢中になって腰を動かした。

何度もキスして、私の胸をなめて、彼の耳を舐めて・・・。
 
もう、おかしくなりそうだった。のけぞって倒れそうになって、必死で手にちからを入れて。

彼も何度も「んんっ」って喘いで、もうイきそうなのがわかりました。

彼は荒々しく私の体を倒して、再び正常位に。
激しく突かれて、もう感じすぎてクリが痛くて。

「ああぁ、んん!やぁん、やぁん、はああっ!もう・・・ああん!だめえ!もうだめえ!あああぁぁーーっ!!」

「んんっ!」
二人して、イっちゃいました。 

やさしくキスをして、終わった後はもう二人ともグッタリ。

気がついたら、部屋は電気もついたままで、私はもう恥ずかしくて彼にしがみついてしまった(笑)。

その後は、二人でおふろに入っていちゃいちゃしてました。
出会い系


copyright © 2017 女性のH体験告白集 all rights reserved.

エッチ 体験告白