H体験告白/彼の頭を押さえ付けて

ここでは、「H体験告白/彼の頭を押さえ付けて」 を紹介しています。
去年の夏の話です。

やっとフリーターから脱却して、ようやく会社勤めを始め、すごい精神的に参ってた時だった。

元バイト先の社員の先輩、Aさんと飲んで、社会の荒波についてすごい語り合ってしまい、そのまま彼の家に行ってしまいました。

Aさんはもう30歳位だし、すっかり落ち着いた感じの人だったから、全然警戒心が無くってシャワーも普通に借りちゃってた。

さあ寝ようか、みたいになった時、Aさんはするっと私の腰を抱いてキスしてきた。

キスは普通に唇を重ねる感じだったんだけど、すごい柔らかくて温かくて、テンション上がっちゃってたせいもあって、普通にドキドキしてしまいました。

それよりスッピンを思い切り間近で見られることのが恥ずかしくて、うつむいてたら、AさんはOKととってしまったらしく、再びキス・・・。

Aさんは別に好みのタイプでもなかったけど、当時精神的にやられてた私にとって、彼の人柄を表す優しいキスに癒されて、あまり下系に持って行かない人だったイメージだったから、どんなHするのかな…っていう好奇心でアソコがズクって熱くなってしまいました。

Aさんの浅く舌を絡めてくるキスは、すごく長くて、それだけで興奮が高まってしまいました。

唇が少し離れると、またとろんと唇を重ねてきて、手は優しく腰にまわってて、ガツガツしてない感じが余裕を感じさせました。

髪を耳にかけられて、首筋をツーっとなぞられた時、
「あっ…」って思わず声が出てしまいました

乳首を吸われると、もう座ったまま身体を支えられなくて、へなへなとベッドに倒れてしまいました。

Aさんは首筋に舌を這わせながら、ゆっくり私の内股を撫でてきてかなり焦らしてきます。

アソコに手が近くなるたび、私は腰をもじもじ動かして、早くして欲しくてたまらなくなりました。

彼の指が毛の先に触れただけで、「あんっ」てなってしまいもう限界。

Aさんは少し笑いながら、ゆっくり指で私の割れ目を開いていきました。

酔うと濡れにくくなる体質の私でしたが、なぜかその時はもうかなり濡れているのが彼の指を伝ってわかりました。

クチュクチュとやらしい音が部屋に響いて、恥ずかしいのにもっともっとして欲しくて、自ら彼の指をアソコの中に導きました。

「○○、普段と全然違うんだね…すごいギャップ…エロい」
と喘ぎまくる私に耳元で囁かれて、ますます身体が熱くなりました。

クンニされてるときも、足を大きくひらかされて、恥ずかしいのに彼の頭を押さえ付けて自分でイッてしまいました。

アソコがヒクヒク収縮してるのが自分でもよくわかって、彼は意地悪っぽく笑いながら、固くなったモノを押し当ててきました。

びっくりするくらい熱かった・・・

ズクッと入って来たと同時に、すごい早さで突かれ、私は気が狂ったんじゃないかっ、てくらい声が出てしまいました。

キスで唇を塞がれ、円を描くようにゆっくり掻き回され、もうどっちがキモチイイのか分からなくて、必死で腰を彼に擦り付けてしまいました。

彼も大分興奮してて、お互い下半身をむさぼり合うのに夢中でした。

正常位からバックになった時、腰をぐっと強く掴まれて打ち付けられた時、犯されてるような錯覚に、早くもイきそうになりました。

四つん這いの体勢がたもてなくて、お尻だけ突き立てて、彼に挿されてるのがもう限界になってきました。

気持ち良さに半分怖さを覚えて泣きそうになりながら、

「ダメ…やだAさんもういっちゃう…」
って彼を振り返りながらつぶやいたら、目が合った途端、なぜかAさんはいきなり果ててしまいました。

その晩はいけなかったけど、次の日の朝、目が覚めた途端に襲われて、寝起きだったせいもあり、2回いってしまいまいした。

Aさんとはその後2回ほど会いましたが、特に付き合うとかいう話も出ずに終わりました。でもまた会ったらしてしまうかもわかりません。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
出会い系

copyright © 2019 女性のH体験告白集 all rights reserved.

エッチ 体験告白