不倫体験告白/私のエッチ日記5

ここでは、「不倫体験告白/私のエッチ日記5」 を紹介しています。
前編は以下のとおり
不倫/私のエッチ日記
不倫/私のエッチ日記2
不倫/私のエッチ日記3
不倫/私のエッチ日記4

キスしてセックスしただけで気持ちよくて泣きそうになった
奥の方までぐりぐり擦られて

あとでシャワー浴びたらアソコがねとねと…
粘度がいつもの10ぐらいありそうだった

フェラしてたら頭を掴まれて喉の奥まで押し込まれた
大きすぎて息もできなくて涙が出るほど喉が苦しいのに、もっと欲しくなる

セックスは異様にキモチイイ
アソコが奥からとろとろに溶けて魂まで抜かれるみたい

「指入れてもいい?」 "うん…"
「何本がいい?」 "好きなようにしてください"

「手加減しないよ、いいんだね?」

指を奥まで入れられて掻き回されて中の敏感なところを擦られて、私は悲鳴を上げて腰を浮かせて身体を震わせて何度でもいく

怖いほど感じる身体になってしまった
しばらくすると奥の方がひりひりしてきて、また私はおねだりをしてしまう

"お願い…アソコがひりひりするの。奥まで入れて突いて"

あのひとのがぐいぐい入ってきて子宮口を嬲ると、不意に今まで経験したことのない快感が。
"うぁこれ何…すごいぃ壊れちゃうぅ…"

あのひとの動きに合わせてすさまじい波が何度も襲ってきて、離れた後もアソコが勝手に締まってひくひくしてた

こんなセックスを知ってしまったら元には戻れないよ
もうどうなってもいい、全部あのひとのものになりたい

帰りの改札口、あのひとの耳元でささやいた
"いっぱいして。何でもするから。" 「ほんとだね?」

新宿、日曜日の午後

「入れてもいい?」 「もっと入るよ」 
「全部入れちゃうよ、大丈夫?」「突いてもいい? 痛かったら言うんだよ」

1週間ぶりで大きすぎて最初は少し違和感があったのに、奥まで何度も貫かれるうちに私は腰を振って彼の動きに応えてしまう。

"気持ちいいです…もっと…してください"
「よしよし、いきそうになったら言うんだよ」

「ほら、いくよ、いくよ、いってごらん、ほら」
彼はぐいぐいと私に突き立てる

後ろから串刺しにされるようなセックス

"もう死んじゃう…だめぇぇぇぇ"
絶叫して足を絡めて身体が仰け反ってアソコが彼のを締めつける

中で出して…なんて言いたいけど、彼は私ではいかないから
その代わりに何度でも私を責め立てる、際限なく

帰りぎわに、彼の膝にうつぶせに載せられてお尻を叩かれた。
乾いた感じの音が部屋に響いて、叩かれるたびに悲鳴を上げながら

このまま時間が止まればいいのにと本気で願った

週末、あのひとはセックスして眠って、起きてセックスしてまた眠って…私は眠れずにムズムズ… 淫乱期なのか何度しても欲しくなる

チェックアウトの時間が近づいて彼がバイブを抜こうとしたのに
私の身体が締めつけて離さなかったって

あのひとの部屋に戻ってまた眠りの合間のセックス
あと何回会えるだろう、いつが最後になるんだろう…

ふと彼が言う
「転勤したら現地の女の子とするよ、気に入ってもらえるかな」

突然、帰らなきゃと思った。私はここにいるべきじゃないと強く思った。ベッドに引き戻されて何度かいかされたけど、なんだか上の空になってしまった。

しおどき。そう思うのは自己防衛本能?

新幹線に乗ってピンク・フロイドを聴いて窓を伝う雨の雫と夜の街を眺めてた。
Shine On You Crazy Diamond、それは昨日までの私に。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
出会い系

copyright © 2019 女性のH体験告白集 all rights reserved.

エッチ 体験告白