H体験告白/乱交パーティに参加しました 続編

ここでは、「H体験告白/乱交パーティに参加しました 続編」 を紹介しています。
前編は以下のとおり
乱交パーティに参加しました

今度はベッドに移動して本格的なカラミに入ります。

ベッドに座らされると後ろから胸を揉まれます。さらに足をM字に広げられ、股間も舐められます。

耳も舐められたり、脇やお臍も舐められます。
私はすぐに声を出してしまいました。

キスもされたり、お尻まで舐められます。身体から力が抜けてしまいます。そしてまた犯されます。

さっきと違って身体は自由に使えますが、力が上手く入らず、されるがままです。

まずは一人ずつ犯されます。複数と比べるとやや物足りない感じはしますが、十分過ぎる程高ぶった身体にはちょうど良いくらいです。

この時もフラッシュが光ったり、音がするので、撮影されていたんだと思います。

また、他の人にも見られたり、わざわざ顔や結合部が見えるように体位を変えられたりするので、恥ずかしくて余計に感じてしまいます。

全員終わるとシャワーで軽く身体を流しました。

私が大分疲れているように見えたのか、単に男性側の回復を待つ為か、ベッドに寝かされ、「休憩がてら鑑賞会」と称して、全裸のまま足を広げられたりします。

私は疲れもあって逆らわずにされるがままでした。ちょっと回復した頃合いで、とは言っても私はまだ疲れていましたが、また縛られました。

そこから縛り方教室みたいな感じで色々縛られました。ここは、写真撮影自由と言う事で、私には顔が分からないように目隠しがされます。

亀甲縛りとか、高手小手とか聞いた事のあるような無いような縛り方を解説が入りながらされていきます。

縛られるとドキドキしますが、悟られないように必死に平静を装いますが、時々思わず声が漏れてしまいます。

最初は立ったまま縛られていたのですが、次にソファーに座らされて、M字開脚で縛られました。すると、股間が丸見えです。

「テカテカしてるよ」
「すごい濡れてるけど、どうしたの?」
「縛られて感じた? 」恥ずかしい事をいっぱい言われました。

言われたら余計に恥ずかしくて私は思わずうつむいてしまいます。

「どうした?ちゃんと返事をしなさい。」と言われ、頭を捕まれて顔を上げさせられます。

乱暴にされてますます気分が高まる自分に戸惑って思うように言葉が出ません。

言わないなら・・・
私の口にさるぐつわのようにタオルが巻かれ、目隠しが外されます。

そのまま、各自のカメラでも写真を撮られてしまいます。

「ほがが・・」プレイに入る前にプレイ中にやめて欲しくなった時の合言葉を決めていたのですが、さるぐつわをされたら言葉になりません。

私はサイトの人に必死で目で訴えますが、気付かないのかスルーされます。
それどころか、いつの間にか注射器のデカいのが用意されています。

浣腸はNGにしたのに・・・
必死でサイトの人を睨むように視線を送りますが、またしても無視です。

あっ・・・
私は抵抗も出来ず浣腸されてしまいます。

さらに小さな注射器でアソコにも液体が入れられます。
私は半分泣きながら首を振って必死に拒みますが、無駄でした。

どっちの効果なのか、すぐに身体には異変が・・・
アソコは熱くなるし、排便も・・・

私は縛られたまま荷物のように抱き抱えられて風呂場に連れていかれます。風呂場のすぐ外には勉強があります。私はそこに置かれます。

縛られているので、またがる事は出来ません。
まさしく「置かれた」感じです。

多分、浣腸には好き嫌いがあるのか、私の前には全員ではなく、3人が陣取り、私の股間を見ています。

「あと5分我慢しなさい 」と言われたし、排便を見られるのは恥ずかしくて、我慢しようとしていたものの、我慢出来ずすぐに出てしまいました。

さらに、そのままもう一回浣腸をされました。
お尻がムズムズしてきますが、必死で我慢します。

それでも出してしまい、さらに数回浣腸されました。
そのままお風呂に運ばれ、股間を洗われます。

そして、また部屋に戻ると、またソファーに置かれます。(次回へ続く)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
出会い系

copyright © 2019 女性のH体験告白集 all rights reserved.

エッチ 体験告白