H体験告白/大学院生の童貞君

ここでは、「H体験告白/大学院生の童貞君」 を紹介しています。
自分は23歳の社会人1年目、相手の男性は23歳の大学院生で大学時代の同級生。

5月くらいからふざけてキスをするようになりました。

彼は奥手で、彼女は1人しかいたことがなくて、その彼女とも手を繋いだことしかないそうです。キスも私が初めて。

6月頭くらいに二人で飲みに行きました。

帰りに家の前まで送ってくれて抱き締めてくれたので、お礼に本気でディープキスをしてみました。

舌を出させて、フェラするみたいに舌を舐めたりちゅぱちゅぱしたり。

したら勃ってしまっておさまらない状態になったらしく、
「もう我慢できない、責任取って」と言うので

「本当に後悔しない?」と聞いたら頷いたから二人で私の部屋に入りました。

「とりあえず風呂に入って落ち着きなさい」
とお風呂に入れて、布団を敷いて電気を消してキスをしました。

「どうすればいいかわからない」と言うので、私から耳や首筋を舐めたり乳首を触ったりしたら、

彼も学習したのか私の胸を触ったり乳首を舐めたりして、お互いに服を脱がせ合いました。

ブラのホックを外すのに困ってたのが初々しかった(笑)

彼のは17センチくらいで太さも普通。しかし自分は身長150くらいで相手は180以上くらいあるのと、今まで小さい相手ばかりだったので大きく見えました。

彼はガタイは良いけどきっと小さいと思ってたから意外でした。

太い血管がたくさん浮いてて、皮は被ってなくて、亀頭が綺麗なピンク色で健康そうな感じ。

我慢汁がたくさん出てて、舐めてみたら今までで一番粘ってて濃かった。

我慢できなくて夢中で舐めました。横にくわえて裏筋を吸ったり、わざと亀頭が唇からはみ出るように先っぽをくわえながら根元をシコシコしたり

相手は童貞だけどかなりのAV好きなので、「すごい、AVみたい」と恥ずかしがっていました。

しばらく舐めてたら、今度は彼が私を押し倒して脚を開いてアソコに吸い付いてきました。

しばらく舐めてもらってお互い我慢できなくなったので、ゴムを着けてあげて正常位で挿入しました。

着け方も入れる場所もわからない様子だったので、全部私が。

最初は動き方もわからなくて困ってたけど「骨盤だけ動かす感じで」と言ったら、コツを掴んだのか夢中で動いてくれました。一番奥まで届いて気持ち良かった。

途中から彼の希望で私が上になりました。

自分は夢中で腰を振って3回くらいイってしまい、彼は動いてる私の乳首を下からくりくりしてくれました。

私は興奮して体を後ろに倒してM字開脚になって、入ってるところを見せながら腰を振ってまたイきました。

その後正常位に戻って、抱き合ってキスをしながら動きました。
彼がイッてくれて、今までで一番中でびくびくなってるのがわかりました。

その後ゴムを代えて正常位で2回して、今でも会う度に5~10回ぐらいしてる。

彼は飲み込みが早くて、やる度にどんどん上達して何回もイかされてます。

自分は今教師をやってるので、教えたことを吸収してくれるのがすごく嬉しい。

最近は相手が背面座位が好きらしく、鏡の前で乳首とクリを責められながら突かれてイきまくってます♪

これからももっといろんなことを教えたい。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
出会い系

copyright © 2019 女性のH体験告白集 all rights reserved.

エッチ 体験告白