Hな体験告白/従兄弟の小さいのをしごいた

ここでは、「Hな体験告白/従兄弟の小さいのをしごいた」 を紹介しています。
子供だったころ、従弟の小さいのをしごいたなぁ。

ちっちゃくてもビンビンに勃起してた。

いくときが可愛くて、隣の部屋に聞こえないように必死で声を殺すんだけど、

おちんちんは止められないみたいでビクンビクンして、そのギャップがおかしくてたまらなかった。

気持ちいいのかイきながら目をぱちぱちしてたところとか、ほんと可愛かった。

液が出ないせいかあまり消耗しなくて、しばらくいじってるとまたビクンビクンしていってた。直後は少し悶えてたけどね。

親たちが飲んでるときにゆっくりやったときは、肛門をじっくり見てやってた。

いかせたときにおしりの穴(当時そう呼んでた)が少し収縮したり、すっごくはっきりぱくぱくするときがあって
快感で差があるんだなぁと思ったよ。

自分もいかされたときに見られた。

ちょっと変わってるところは、昔からやりすぎたせいか、中学ぐらいでカウパーがドロドロに出るようになってた。しごくうちに、ほんとに大量のがねっとりと。

指に絡めてしごくと、ぬるぬるで気持ちよさそうだった。
やっと出るようになった精液なんかはすっごく薄かったのに。

最初は、確かお風呂に一緒に入ったときだったかな。

従弟が低学年のときで、自分が5年くらい。家が近かったので、一緒に遊んだり泊まったりするのも多かった。

ただ、何でお風呂に一緒に入ることになったかは覚えてない。たぶん一緒に入りなさいって言われたんだと思うけど。

で、洗ってあげてたんだけど、体洗い終わっておちんちんに移ったとき、よく洗わないとと思ってスポンジでふわふわ何度か洗ってたら、ピーンて立っちゃったんだよ。

当時初めて見たときはうわっと思ったのだけど、触っていい?って聞いたら「いいよ」って言うので、手に石鹸つけて、洗うふりしながら撫でたのがきっかけ。

薄くて白い皮の中に硬い芯みたいなのがある感触がおもしろくて、ちょっと握ったりしたような。

あのころは純真だったなぁ・・・あとはほんとに優しく撫でてただけだけど、腰がゆらゆらしてたのを変に思ったのは覚えてる。

もちろん今思えば気持ちよかったんだろうけどね。
それから寝るときとかに触りあいっこして、だんだんとエスカレート。

子供部屋はあったから、親が来るかなとは思いつつふとんの中で触ってると、おちんちんて触ってるうちに脈が図れるほどピクピクしてくるんだよね。握るのにあわせて。

でも最初のころは、従弟の息が荒くなったりピクピクするのがあんまり多くなるとやめてた。
何となく悪い気がしたし。

でも、もっとさわって~って笑いながらひそひそ声で言われると、まあいいかな、と思いなおして触ったり。

先っぽのあたりをよく揉んで欲しがって、手がいくと恥ずかしそうに「そこ…」とか言ってた。

たまにびくんって動く勃起が生き物みたいだった。

自分の方は胸を触られてたけど、寝ながらだからどっちも片手だけ。

で、しばらく触ってるうちにおちんちんがちょっと硬くなったと思うとビクンビクンって大きく痙攣してて、「くぅっ」って従弟が小さく呻くものだから、驚いて手を離した。

心臓はどきどきで、「だ、大丈夫?動いてるよ」って起き上がって覗き込んだら、目をつぶってた。

なんか気持ちよかったって言われて、そのときはほっとしてすぐ寝ちゃったと思う。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
出会い系

copyright © 2019 女性のH体験告白集 all rights reserved.

エッチ 体験告白