Hな体験告白/アソコが丸見えになっちゃう 続編

ここでは、「Hな体験告白/アソコが丸見えになっちゃう 続編」 を紹介しています。
前編は以下のとおり
アソコが丸見えになっちゃう

今日の報告しますね。

結局パンツは…紐パン穿くのマズイかなぁって思って止めました。だから、普通のいつものパンツにしました。

5分くらい前に着いて待合室でまってたら先の患者さんが帰ったので、私が呼ばれました。

中に入ったら、「こら、もっと来なさいって言ったのに、何で守らないんだ。ちゃんと直したいなら、回数増やしなさい。」って怒られちゃいました。

でも、正直上の空でした。だって先生の顔見たら…。アソコ…ウズウズしてきて熱くなって…。ジュワ…って濡れてきてるのがすぐ分かった。

いつもの椅子に座ったら、すぐブラウス脱ぐように言われました。
いつもは、肩揉む時点では服着たままなのに。

そしたら、あっという間に先生にブラのホック外されちゃって…。

「ほら、先にスカートも靴下も脱いじゃいな。」
って言われたから、言われるがままに言うこと聞いてました。

で、いつもみたいに肩のマッサージがスタート。いつもより何倍も緊張してた。それに、触れられた瞬間に「ぁっん…」って声も出ちゃったし。

グイグイ肩揉まれて、鎖骨や首筋、肩甲骨の辺りも手際よくマッサージされました。

腰から脇下にかけて、すーっと流れるようにほぐされたとき、くすぐったいのと感じちゃうのとで、「はぁっ…」って息が大きくなってました。

たったこれだけの普通のマッサージなのにこんなに感じちゃうなんて、やっぱオナ一日ガマンしたせいで、体が敏感になっちゃってたみたい…後悔しました。

何かこの時にはもう、頭がボーっとしちゃってました。

体がふわぁっとしてたら、先生が胸をマッサージし始めました。
後ろから鷲掴みみたいにつかまれて、思わず「ぁあん…」って出ちゃってた…。

ムニムニ揉まれたり、たぷたぷ弾ませたり、外向きに広げたり、内側に寄せたり。なんだか、いつもより荒々しくって強引な感じでした。

ずっと目を閉じてたんですが、目を開けたら鏡に写ってるのは、後ろから抱きつかれるように先生に胸を揉まれてる自分で、どんどんヘンな気持ちになっていってました。

目もトロンってしてて、頬がピンクになってました。

でも先生の手、ちょうど人差し指と中指の間に乳首が来るように鷲掴みしてたから…多分私、物足りなかったんだと思う。もっと気持ちいいトコ触って欲しかったんだと思う。

先生の指が乳首に当たる様に、体クネクネさせちゃってました。
そしたら、「じっとして。」って注意されちゃいました。

でも耳元で先生に低い声で言われて、ますますドキッとしちゃいました。

ずっとムギュムギュ胸揉みの後、2本指で胸の外側から押しほぐすようにマッサージが始まりました。

ゆっくり時間をかけて外側から押して撫でるように指が動いてきます。思わずこの先の事考えちゃって、息が「ハァ…ハァ…ハァ…」って乱れてきてた。

何かものすごく時間経つのが遅く感じました。だから、やっと乳首の回りに指が来たとき、「あっっ!!」て大きく喘いじゃって…。

その時、鏡越しに先生と目があってニヤっとしたイヤらしい感じで見られちゃいました。その後、ひたすら先生は乳首の回りをクルクル撫でてきて…。

乳輪なのにメチャメチャ感じちゃって、体がピクピクさせながら
「ぁぅっ…ぁぁんっ…んあっ!!…はんっっ!!」って声がガマンできなくて…。

そしたら、「ん?どうした?気持ちいいのか?」って。「恥ずかしがらずに、素直になりな」って低い声で囁かれて、ゾクゾクしちゃってた…。

こんな状態のまま、15分くらい乳首回りばっか重点的に弄られてました。

必死に我慢してても「んっ!んんっ!んっっ…んっ!」って声出ちゃうし、椅子に自力で座ってられないくらい力入らなくて、後ろにいる先生にもたれかけて体あずけてました。

そしたら、「台行く?」って言われて、仰向けに寝転びました。
真っ直ぐ上見てると先生と目があっちゃうから、顔を横に向けてました。

先生はオイルの瓶を取り出して、自分の両手に塗り始めました。良い香りが部屋中に広がったので、すこしだけ緊張がほぐれてリラックス出来ました。

足の裏とか指を丁寧にマッサージしてくれるんですが、ホントにくすぐったくてジタバタしちゃって、脚を開かないように注意してました。

そして足の甲や足首をマッサージしてくれてスゴい気持ちよかった。でもその手が足首~膝に上がって近づいてくると、またどんどん緊張してきちゃってました。

そして、膝を越えると一気に太ももまで…。
オイルで滑りが良くなってるから、勢いよく揉まれました。

ずっと膝~太ももを往復してて、太ももに手が来るとドキドキしちゃってた。

往復しながら、先生の手が上に上がってきて、遂に付け根に触られた時、
「ぁっっ!」て声が出て腰が浮いちゃった…。

「ん?痛い?」って先生が。そんな訳ないのに。「いえ…大丈夫です…。」ってしか言えなかった。明らかに私の反応見て楽しんでる感じでした。

そしたら、その後はずっと付け根を親指で指圧しながら撫でてきて…。

「ぁぁん…。ぁっ…ぁぁんっ…はぁん…」って声がどうしようもなくなってました。

それに、どんどん濡れてきちゃってるのが分かった…。先生の指がアソコのすぐ近くにあるって考えただけで…。アソコ…ウズウズして凄い熱くなってきちゃって…。

先生の両親指が、私のアソコをクイクイ挟む感じになってきて、ヤバいくらいエッチな液でヌルヌルになってきてました。絶対染み…見られちゃってるし…。

両親指でクイクイ弄られるリズムに合わせて、「んっ!んっ!んっ!んっ!」って声が出ちゃう…。指を噛んで必死にガマンしててもこんな感じでした。

そしたら、今まで挟んで押してきてたのが、逆に両親指でアソコを広げる見たいに外側に引っ張ってきたんです。

そしたら、「ぬちゃっ」って…凄いイヤらしい音がしちゃって…。

ヤバいって思って顔を上げたらばっちり先生と目があっちゃって。超ニヤニヤしてて、泣きそうなくらい恥ずかしかった…。

それから先生、ずっと開いたり挟んだりしてきて、部屋中に
「ぬちゃっ…ぬちゃっ…くちゅっ…くちゅっ…」って響いちゃって…。

でも、その度にパンツがクリを擦るから、あり得ないくらい感じちゃって…。

「やっ…やだぁっ…あっ、あんっ!んっ!はあんっ!」
みたいに、訳分かんない感じになっちゃってた…。

その後いきなり、先生…また乳輪のトコをクルクル撫ではじめてきたんです。

そしたら、「気持ちいいんなら、もっと声ださんか」って言って、乳首をツンって指先で弄ってきたんです。

それまでのマッサージの間で、初めて乳首を触られて「ああんっ!!!」って超大声で感じちゃって…。

で、乳首をクニクニ摘ままれて、「あっ!だめっ!そこっ!だめっ!あっっ…。」って悶えちゃってガマン出来なかった。

オイルなのか、私の愛液なのか分からないけど、乳首がテカテカ光っててイヤらしかった…。(次回へ続く)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
出会い系

copyright © 2019 女性のH体験告白集 all rights reserved.

エッチ 体験告白