H体験告白/下着姿で69の格好での手コキ

ここでは、「H体験告白/下着姿で69の格好での手コキ」 を紹介しています。
私 関東♀・もうすぐ三十路・常盤貴子似

相手 関東♂・20代・172/65(推定) 色白ちょいポチャ気味。

上京したばかりで淋しい、話し相手が欲しい。との事。数日間の他愛のないメールのやり取りの後に面接。都内某所、相手の最寄り駅で待ち合わせ。

服装を伝えてあったので見付けてくれて初めましてとご挨拶。
一目見て脳裏をよぎったのは浦安鉄筋家族の花丸木くんw

なので以下花丸木。なんか挙動不審、オドオドしてる。

飲もうという事だったのでどうする?と聞くと、お店よくわからないし家で飲もうよ、的な事をゴニヨゴニョと。

べつに目の前の居酒屋でよくない?と言い返したかったけど、ただでさえオドオドしてんのに拍車がかかったら可哀想だと思い了承。

コンビニで酒やらなにやら買い込む。オドオドしてるくせに私が少し離れた隙にカゴにゴム入れてる花丸木。バレてるよ?w

袋の持ち手をお互い片方ずつ持つとかバカップル風味な事をしながら花丸木の部屋まで歩く。

花丸木の部屋ですが……
アパートというか「下宿」という表現の方がしっくり来る佇まい。

うん、イメージは神田川。
決してレトロではない、ただ古いだけ。ベッドとPCが浮いて見えるw

「レトロだねー♪」とか心にも無いこと言いながら不躾ですが部屋チェック。
風呂場にシャワー無い!!

絶対にセックスしないと固く誓う。そもそも花丸木なんて不可食です。
飲みながら花丸木の話相手に。愚痴多いなー!

ストレスも精液も溜まりまくりなんですねわかります。
でもやんないよ。ひたすら飲む飲む喋る。

季節柄夜が白むのが早いけど始発はまだまだ… いい加減話のネタも尽き沈黙が流れ出したと思ったらいきなり花丸木に押し倒される。

「やらないか?」「やんないよ(・∀・)」の押し問答の末の着地点は下着姿で69の格好での手コキ。触るのはおkだけど舐めるのはNGと約束させスタート。

東北出身の花丸木、色白でお肌キレイ!羨ましい(*´д`*)
アレも白くてキレイ、なんかカワイイ♪

思わずフェラしたものの我慢汁の味に我に返る。チ○コだけなら可食なんだけど残念! 内腿を撫でつつ優しいめに握ってシコシコ。

下着越しにアソコを指でなぞられるも花丸木だと思うと…ダメだorz
目を閉じてマイ男前ランキング殿堂入りの某俳優を浮かべてみるwww

ちょっと(・∀・)イイ!!かも。うっかり声出ちゃうw 調子こいたのか横から指を滑り込ませようとしてきたけれど現実は花丸木、妄想にも限界が。

玉をグリっと強めに握り黙らせる、約束は守れ。

オナニーの時の力加減を聞いて花丸木好みの強さに調節して更にシコシコ、先っちょにティッシュあててフィニッシュ。

少し話したのちに花丸木が眠るのを見届け部屋を後に。
部屋選びにシャワーは必要最低条件だと思います。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
出会い系

copyright © 2019 女性のH体験告白集 all rights reserved.

エッチ 体験告白