H体験告白/大学生活は童貞狩りに

ここでは、「H体験告白/大学生活は童貞狩りに」 を紹介しています。
前編は以下のとおり
童貞ハンターです

お互い幼かったから、彼のが大きいだけで逝けると信じていた。
最初があいつじゃなかったら、その後童貞食いはしなかったかも。

結構な進学高で上位にいた彼。私に気があるのは知ってたけど、ともかくも自信過剰で、一度泣かしてやろうと思ったんだ。

バレンタインの日、夕方のバス停で友チョコ食べていたら「俺にはないの?」って。「もう口の中」って言ったらマジ、がっかりしてんの。

誰もいないくらいバス停だったので、彼の顔を両手でひきよせて、チョコ味のキスしてあげた。

そうしたら、思い切り抱きしめられて股間の堅いものが当たってきて。

彼とはお互い初めて同士ですが、なんせ田舎なので、17歳では堂々とアレも買えないので絶対安全日を狙って誘いました。

初めてはやっぱ、生でという変なこだわりがありまして。
ついでに言えば生理前の私は変態になるのでw

場所は私の部屋。
一緒に勉強するという名目も親を信用させられる、一流高生の強みで。

ドアを閉めた途端、抱きついてきてキス。

ハアハア言いながら私の手を股間に持っていったので、彼をコタツに座らせてから息子を拝見しました。親が来ても布団で隠せるようにね。

私はワンピにニーソックス。下着を目の前で脱いで、彼の隣に座り、キスしながら彼の腰の上に。

童貞を私が奪うと決めていたから上に乗りました。そっと、手で導いてイン。

自分で痛くないようにゆっくり、でも、入った途端彼が上になってぎこちなく動き始めて痛かった。

ワンピをめくりあげて、おっぱいを凝視しながらハアハア、涙目で出してもいいの? って。で、ちょっと待って、といってまた私が上に。

それで、彼の首筋に吸い付きながら「来て」って言ったらすぐでした。
この後、しばらくは彼は私の性奴隷みたいになってました。

頃合を見計らってうちに来たがってました。 でも、彼の学業成績はさらにアップしたし、遠くのいい大学に行ってくれてきれいに切れました。

そっちの自信もついたからか、すぐに女ができたと言ってたし。
久しぶりに会ったときにはコンドーム持参で笑った。

そして、私の大学生活は、結果的に童貞狩りになってしまいました。
ちょっと偏差値が高い人は、プライドも童貞率も高くて。

1人暮らしの大学生は部屋に行く=やる気みたいなもん。
遠距離の彼がいると前置きして寂しがれば、簡単。ホントはいないけどw

一回こっきりもこれなら言い訳になるしね。
大体、私から抱きついたりして一気に攻め落とすかんじ。

彼らの部屋に行くというと、きちんとシャワーなんか済ませていてカワイイと思いました。少し慣れて、うまくなってきたら放流。お別れ。

4年間で都合7人。よその学校の子は、うち5人です。
就職してからは憑き物が落ちた感じで、今の彼とまったり。

彼は外見オタクの見本ですが、手がきれいでしつこい変態です。
彼も童貞でした。でも、彼のために封印していたフェラを解禁しました。

彼はしつこくおっぱいを責めるので、いつのまにかAがCに育ちました。
吸って揉まれると育つのねw
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
出会い系

copyright © 2019 女性のH体験告白集 all rights reserved.

エッチ 体験告白