H体験告白/アナル舐めたかった・・

ここでは、「H体験告白/アナル舐めたかった・・」 を紹介しています。
私 ♀ 27 彼有り 152 43 Dカップ 榮倉奈々似

関西 ♂ 26 毒 175 写メ有り クォーターで目鼻立ち整ったイケメン。

「出張でそっちに行くので、夜、食事できる人」という書き込み発見。食事=Sexでしょ-ということで、出張日も近いし、地元民にも飽きてきたしで、メール投下。

メールを数回やりとりして、面接日当日。相手が、とりあえず写メ送っとく!って事で見てると…

キタ(゚∀゚)コレ!!イケメン君!!!

私が相手の宿泊先のホテル近くまで行くことに。わかりやすい場所を指定して「着いたよ~!」と、あと服装の特徴を添えてメール。

本当にあのイケメンが来るのか?はたまた、ブサメンが来るのか…

「今向かってるよ~!」メール着弾!!10メートルくらい先、前方右、背の高いオサレなお兄さん!!しか見当たらない…

あれかな??「こんばんわ~榮倉ちゃん??」オーッ!!ダルビッシュ有に似てる!!!!! (*´д`)ハァー緊張シマスー!!

キリッとしたダルビッシュをほんの~り、優しくしたお顔です。スーツ姿が見たかった!!

オフィス街の路地の一角にある、個室居酒屋へ向かう。ヒッソリした暗い雑居ビルを通過…仕掛かったその時、グィッと腕を引っ張られ、ビル入口付近の壁に押さえつけられる。

ダルの両手が、私の頬を優しく撫で、大人のチュー。

人が通らないか気になるけど、止めてほしくないそのチュー!!ネットリ優しい舌の絡め方(・∀・)イイ!!

唇を離して、頭を撫でながら「チューする約束やったやろ-。会えて良かった」

腰が砕けそうです。その甘いフェイスに、甘いトーク(;´д`)この優男め-!!

もう、居酒屋行きたくないです、ホテルでお願いします!!

…てなわけにも行きません。お腹空いたら私、エッチで動けなくなるので、居酒屋に向かう。

居酒屋に到着。食事メインで、ビアをお互い一杯づつ。あとはソフトドリンク。酒の力なんぞイラネ(*´∀`*)。

お互いの仕事の話しや、どこの国の血が入ってるのか?とか。トークもお腹も満たし、居酒屋を出ました。

コンビニで、買い物をして手を繋いで、ダルの宿泊先のビジネスホテルへ…

ホテルの部屋はツイン。ベッドに腰かけるダルの横に行くと、膝の上に座らされ抱っこでチュー、もうトロトロ。
 
チューしたまま、ダルが優しく私の体を倒して。手は私のオッパイへ…。 首筋に舌を這わせながら、上着を捲くりあげ慣れた手つきで、ブラのホックを外す。

ダルの指は、乳首に触れるか、触れないかのギリギリのタッチで、焦らされる。同じく舌でも。

思う存分に乳首と、オッパイブルブル攻撃で遊ばれたあと、ようやく下半身へ。

「めっちゃ、濡れてるやん」
パンツの上から、上下に指でなぞられ

「直接触ってほしい??なぁ?」(;´д`)ウン、ウンと頷くと、
「お願いせな、触らへんで」と優しい声で。

しゃ-ない、お願いします…とは言わなかったが、ダルに屈する

定番のソフトな言葉を添えながら、ツボを熟知した手マンを軽めに、そしてフェラ。ダルのチンコは太くは無いが、長いっ!!

左曲がりの、ブーメランチンコだーとテンションが上がる。
 
根元から裏スジを丁寧に舐めあげ、手で玉をゆっくりモミモミ。口に含んでドリブルフェラ。、少し唇に力を入れるようにして吸い上げてみたり。

アナルは舐めさせてくれませんでした。四つん這いにして、アナル舐めたかった…(´・ω・`)

そして、69をして挿入~  正常位で挿れた瞬間、思わず声が出た私。

痛っ!?ん??でも、なんか気持ちエェかも!?? ゆっくり、ゆっくりピストンするダル。段々慣れてきて、物凄い快感が!!!

ヤバイ、このチンコ!!!どんどんピストンしていく。「あぁ…締まる~!!」と、気持ち良さそうなダル。それは、ダルのモノが気持ちエェからですよww

しばらくしてバック。痛かったので→騎乗位→松葉くずし→正常位。

正常位でピストン。一度チンコを抜いてから、手マンでピュッピュッと潮を吹かされてから、また挿入。

クリイキ派の私が、久しぶりに中イキしました。涙がでるほどに。

力が抜けて脱力、声も出てなかったと思う。放心状態で、動けないでいるとティッシュでアソコ拭いてくれてました。ヤサシー

私のタイムリミットまで、少しだけイチャイチャ。シャワーしてから名残惜しくホテルを出る。なんか、一仕事終えたデリヘルみたいだw

タクシー乗るとこまで送ってくれました。帰り際に、本アド交換したので、メル友ですかね。また出張があれば…

ゴム装着がスムーズでした。どこに用意して置いていたのか、気になります。一戦しか出来なくてすみません

…あと、オッパイ写メとか無理ですからw
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
出会い系

copyright © 2019 女性のH体験告白集 all rights reserved.

エッチ 体験告白