不倫H体験告白/平凡な主婦の初めての浮気

ここでは、「不倫H体験告白/平凡な主婦の初めての浮気」 を紹介しています。
主婦33歳、夫40歳、結婚10年。子供は二人。

今まで平凡な生活を送っていました。
が、1年ほど前から私はこの生活に飽き足らないものを感じてきました。

私は夫とはお見合いで、親の言いなりに結婚してしまいました。中学から短大までのお嬢さん学校で、男の人とお付き合いすらない人生でした。

そんな私が結婚するのはお見合いしかなかったのです。

何も知らない私がいざ結婚してみると、主婦できるんですね。

子供も大きくなり手が離れてみると、そこから私の転機が始まったのです。
今まで見向きもしなかった女性誌。夫が買ってくる週刊誌やDVD。

なにげなく暇つぶしに読んだり見ていたのです。

そこに繰り広げられている男と女の情事とか関係は他人事、作り物と思っていたものでした。ただ確かに私の意識が変わる事でもありました。

夫に外に働きに出たいと言ったのもそんな心境の変化のせいでしょう・・・・
子供達に寂しい思いをさせないと言う条件で許可してくれました。

そこで近くの大手のスーパーでパートとして採用されました。

初めてのお勤めと言うこともあり、心配しましたが、同じブロックの人達がいい人達ばかりで、楽しく働けました。

パートに出て半年ぐらいしたでしょうか、仲のいい女の子が結婚で退社する事になり、皆で送別会をしてあげることにしたのです。

夫にこのことを話したら、「いいよ、行って来いよ。次は休みだろ?たまには破目をはずしてもかまわないぞ!」と言われました。

”破目をはずしてもかまわない・・・・”
どういうことなのか、その時にはあまり気にもしませんでした。

男性4人、女性6人で会は行われました。それはスゴク楽しいものでした。
こんな雰囲気の飲み会なんて初めてで、すっかり酔っていました。

話の話題も大人の話と申しましょうか、次第にエッチな方へと進んでいました。話についていけず只私は聞き入っているだけでした。

あの話やら映像は実際にあることなんだと、私の世間知らずが、はっきりと認識されたのでした。それと同時に私の身体にある興奮が湧き上がったのでした。

その場に居辛くなり、トイレに行こうと立ち上がったら、
チョッとよろめいてしまいました。すかさずマネージャーが私を支えてくれ、

「俺もついでに行くから」と支えて付いて来てくれました。
私はこの時、”ドキッ!”としたのです。

実は私はこの「K」さんに片思いしていたのでした。
Kさんは神奈川からの単身赴任です。

身体はガッシリしていて、とても優しいの・・・・
ちなみに夫は痩せ型で亭主関白・・・・

夫には無いものを持った男性を初めて知り、同時に意識しだすのにそんなに時間は必要ではありませんでした。私にとっては初めての恋愛だったのです。

私はKさん逢いたさに仕事に行くようなものでした。
トイレに行きすがら、「1人暮らしは大変でしょ?イロイロと・・・・?」

そしたら彼、「俺は学生時代4年間1人暮らしをしてたからどうって事無いよ。この会社だとこんな事当たり前だし・・・・でも、あっちの方はチョッとね・・・・」なんて事言うんです。

私次の言葉に詰まってしまい、思わず下を向いてしまいました。

顔が火照って赤くなったのが解りました。そしたらKさんは、「奥さんはホントにウブなんだね。ひょっとして本物の不倫処女?」

なんてことを私の耳元に小声でそっと言うのです。
「えっ、なにっ?」とっさに意味が解らず聞き返しました・・

「つまり、結婚してから旦那以外の男とエッチした事はないのかな?」
「そっ、そんなこと・・・・当たり前でしょ!」声が上ずっていました。

『不倫処女』・・・・ドキッ!ドキッ!です。
私は結婚前も結婚後も夫しか男性経験はありません。

「やっぱりな~奥さんカワイイよ!俺口説いちゃおうかな・・・?」
思わず下半身がブルッとし、アソコからジュクッとなるのが解りました。

「知りません・・・」と言いトイレの個室に逃げ込んだのです。

腰を下ろして、どうしてそうなったのか考えてみました。私にはそれが彼との”もしかしたら・・・”という期待感からこうなったのだと解りました。

パンティーの裏側にはやはり染みがありました。
結婚して初めて夫とは違う「男」を意識したのです。

思わずアソコに指が行ってしまいました。学生時代にはしていたオナニー・・・
忘れていた感覚がよみがえり、クリを擦りあげていました。

「アンッ!」
快感に思わず声が出てしまいました。

そしてここはトイレであることを思い出し、用を足して個室を出ました。

そして洗面所にはKさんがいたのでビックリしました。まさかまだ居るとは・・
もうみんなのところに戻っているものと思っていたものですから・・

もしかしてさっきの声聞かれちゃったかしら?
そう思うと恥ずかしさで顔がカァーと熱くなってしまいました。

するとKさんはいきなり私を抱きしめて、唇を重ねてきたのです。

「ン・・・・・」
実に何年ぶりかの口づけだったのです。でもその唇は夫の唇ではないのです。

夫以外の男性とのはじめての口づけ・・・・
『キッス』まるで飢(かつ)えたような激しいキスに私の身体は震えてきました。

私の耳元で、「奥さんのセクシーな声を聞いたら、こんなになってしまったよ。責任を取って欲しいな・・・・!」と、私の手首をつかんで彼の股間に押し付けました。

いきなりだったので抵抗も出来ず、手に今まで触れた事の無い、なにやら太くて固い棒状の塊がありました。

それが男性自身だとわかり、
「イヤッ!」と言い、その場にうずくまりました。

男性の性器をズボンの上からといっても触れた事自体、私にとっては初めてなのに・・・・・ホントに今まで男性器を触った事は無いんです。

夫との行為でもそういう事は断っていますし、夫のほうも諦めたんでしょう。
淡白の方でしたから。それ以上に言ってこなくなりました・・・

でも、興味と実体験とは相反するものでした。
「ホントに初心者なんだな。スゴクカワイイよ!」

そういうと彼は私を抱き起こし、「この後2次会でカラオケに行くけど、来てくれるよね?」私はうなずいていました。(次回へ続く)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
出会い系

copyright © 2019 女性のH体験告白集 all rights reserved.

エッチ 体験告白