H体験告白/会議室で先輩と

ここでは、「H体験告白/会議室で先輩と」 を紹介しています。
Tさん・・・

普段接することあんまり無かったけど、たまたまちょっとした仕事で会話することがあって、優しくていい方だなってのが最初の印象。

それがきっかけで、社内ですれ違った時とかに、少し話しするようになりました。

気が付いたら、好きになってて・・・。
でも指輪してたから、諦めなきゃなって思ってた。

あるときTさんと同じ部署のKさんの送別会の話が。
幹事のTさんより女子社員が少ないから、参加してくれない?とのこと。

Kさんには仕事でお世話になっていたので、出ます!と私は即答。

他の女の子にも声かけてって頼まれて、連絡取るのに携帯のメルアド教えてもらった。
これを知ってしまってのがきっかけだったのかな・・・。

その後、何人か女子社員に声かけて、携帯からメールを送った。

その後ちゃんと感謝のメールが返ってきて、結構マメな人なんだななんて、思ったなぁ。

送別会で初めてTさんと飲む機会があって、お酒意外と弱いとか、飲むと陽気にかなり陽気になるとか、色々知ることが出来て楽しかった。

後日Tさんに幹事お疲れ様でした!ってメール送ったら、
参加ありがとうメールきて、それからメール交換するように・・・

二日に1回ぐらいの割合でメールしていて、Tさんのこと色々知ることが出来て、もっと好きになっていった。

あるときメールで、
「彼氏いないの?」なんて聞かれて

「今はいませんよー」と答えたら、
「勘違いだったらごめんね。もしかして僕のこと好き?」

!!気付かれてたなんて!私はすごく焦った。

普段はすぐ返信しないんだけど、「ごめんなさい!分かっちゃいました? きっと迷惑ですね。もうメールしません」と送信。

「前々からそうじゃないかなって思ってたんだけどね。こんなこと書いて自意識過剰に思われるかなって・・・でも、メールいつも楽しみだったんだ。もうしないなんて言わないでね」

とTさんからのメール。
結局私の気持ち気付かれてしまったまま、メール交換は続いちゃいました。

その後、会社帰りにご飯食べに行こうってことなりました。
さすがに会社の側だとまずいから、ちょっと離れたところに行こうかとのこと。

お互いお店とか知らなくて、チェーン店の居酒屋に入りました。

案内されたのは、テーブル席で、面と向かって座るの初めてだし、私の気持ち知られているから、とっても緊張。

普通に会社や仕事の話しとかしただけなんだけど、ドキドキしちゃいました。
帰りにエレベーターに乗って、たまたま二人っきりに。

私はお酒のせいでちょっとボーっとしてたんだけど、いきなりTさんがキスをしてきました・・・。突然のことに、私はビックリ。

まさか・・・憧れのTさんが私なんかに、キスしてくるなんて思わなかったし・・・。

「ごめんね。突然。実は俺も○○ちゃんが気になってたんだ。驚かせちゃった?」
「うん・・・ちょっとビックリした・・・」

「またこれに懲りずに、今度ご飯食べに行こうね」
その日はそれで、別れました。

それ以来、社内のエレベーターで遭うとキスされたり、人気の無いところだと、胸触ってきたりされてました。

メールもエッチな内容になってきて・・・。

その後ちょっと仕事が遅くなったときの話です。更衣室に向かうときに、偶然Tさんに遭いました。

でも、挨拶交わしただけで、何も無し。

珍しいななんて思いながら、化粧直していたら、携帯にメールが入ってきて「第二会議室」とだけ書いてありました。・・・来てってことかな・・・?

私は人気の無いのを確認しながら、会議室に向かいました。
ドキドキしながら中に入りましたが、中は暗くて誰もいません。

からかわれたのかな?と思っていたら、扉が開きTさんが入ってきました。
「ありがとう。来てくれて」と微笑むTさん。

「・・・キスしてもいい?」
私がうなずくと、唇を重ねてきます。

私はTさんの背中に腕をまわして、キスに応えますが、今まで経験したことの無いキスに驚きました。

上手いんです。よく考えたら、私が経験した中でもTさんって一番年上だったんですけどね。

Tさんの舌はすごく柔らかくて、舌を絡ませてるだけでも気持ち良くて・・・。
身体にTさんの硬くなったものが、当たってきました。

そして自分もアソコが熱くなっていることに気が付いたんです。
私を机の上に座らせると、耳の後ろに舌を這わせてきました。

静かな会議室の中私の吐息と、舐めてくる音だけが聞こえます。
Tさんの手がベストとブラウスのボタンを外し、首筋を舐められました。

快感が襲ってきて、私も息がだんだん荒くなってきます。
そして私のブラをずらして、乳首に吸いつかれました。

舌で転がされたりして、とっても気持ちよくて・・・。

「ずっとこうしたかったんだ」
なんて、言われて私はもっと感じてしまいました。

スカートを上まで上げられて、足を広げられ、下着の上からTさんが私のアソコに触れてきます。(次回へ続く)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
出会い系

copyright © 2019 女性のH体験告白集 all rights reserved.

エッチ 体験告白