H体験告白/遠方の男友達が泊まりに

ここでは、「H体験告白/遠方の男友達が泊まりに」 を紹介しています。
春休みの話。

うちには、趣味関係のサイトで知り合った、遠方の男友達がいました。
まぁ、遠いし会う事もないんやろなぁと思いつつ、メールとか電話してた。

やっぱ男と女やし、露骨にエロい話はしないものの、疑似恋愛ぽい会話をかわしたりしてて、そのうちうちは、ちょっとホンマに好きになってた。

春休みに彼Yが、就職活動で、こっちに来る事になり、友達のとこに泊まる予定やったけど都合悪なったから、良かったら泊めて欲しいって頼まれました。

急で、ちょいとまどったけど、かれこれ一年メールとかしてて、信頼してたし、密かに好きやから、「ええよ」って返事しました。

やっちゃいたい!とは思ってなかったけど、何かあったとしても、まぁいっか、という感じ。

でも、写真は見た事あるけど、会った事ないし、どんなんやろう。。
がっくりくるかな。いや、される可能性もありやし。。

色々な思いが交錯しつつ、彼がうちの住む街にやってきました。

うちは、すごい人見知りするんで、かなりドキドキやったけど、会ってみたら、いい感じのルックスで意外とあっさり会話できて、不安とかはすぐに消えました。

就職活動の会社説明会の後に来たので、落ちあったのは夕方。
お腹空いたし、ご飯でも食べよう、という事になりました。

Yはもともと飲むのが好きだという事もあって、居酒屋にいくことに。
たくさんの料理を頼んで、ビールを飲みました。

ちょうど、生中100円フェアみたいなのをやってたし、二人で9杯くらい飲んだような気がします。

うちもYも、いい感じにほろ酔いってくらいで店を出ました。
店出たのが9時ちょい前くらいやったかな。

お互いの就職活動の話とかしてて、普通に友達ぽく打ち解けて来たし、家に帰ってもうちにはゲームとかなくてヒマやから、うちがいつも行ってるバーでもうちょい飲む事にしました。

うちは、Yが泊まりにくるって事で、その前の晩に遅くまで部屋の掃除をしてたので、ちょい寝不足でした。

バーで、がっつりしたカクテルを2杯飲んだら、いつもより酔って来たので、帰る事にしました。

うちが潰れたら家に帰れんようなるし、さすがに初対面の人の前でそんな醜態をさらすわけにもいかないので。

Yも酔ってはいたけど、目がとろんとした程度でうちほど変わった様子もなく、タクシーでうちのアパートに帰りました。

家帰る頃には予想以上に酔いが回ってて、うちの足元はちょいフラフラ。

軽く、Yに腕借りてアパートの階段をのぼりました。Yも長距離移動して来たし、疲れたから、お風呂入ってとりあえず横になる事にしました。

Y用に布団を用意してたんですが、酔ってるし、めんどくなって、一緒の布団でゴロゴロしながらテレビ見てました。

ずっと話してて、Yの性格がやっぱ会う前のメールとかの通り、いい人やと思ったし、うちが酔っててちょっと大胆?というか、ガードがゆるくなってた事もありました。

というか、酔いのせいでちょいムラムラ来てました。。

そろそろ、電気けそか?とテレビはつけたまま電気は消しました。
酔いで眠くなって来たので、会話もまったりしてきた。

体の向きを直した時に、手がYの肩に当たったので、そのままひとさし指で肩を触ってました。

Y「結構酔ってるやろ?眠いんやったら寝てええで。」
うち「うん。酔ってるでぇ。」

Y「もしかすると、酔うと甘えるタイプちゃう?(笑)」
うち「なんでわかったん?」

Y「いや、なんとなく。さっきから里菜に甘えられてるわぁ、オレ。」

いちゃいちゃするの、好きなんで、もうちょい大胆になっちゃえ!と思い、手前の肩から奥の肩に手を移動させました。抱きつく格好になったわけです。

うち「こういうのを、甘えるっていうん?」
Y「おいおい(笑)せやなぁ、めっちゃ甘えられてるわぁ」

Yは自分の腕の上にのっかってる、うちの左胸が気になったらしく

Y「里菜って結構胸あるよなぁ。何カップなん?」
あんまやらしい感じでもなく、そう聞かれました。

うち「んとねぇ、CかDのどっちかやね」
Y「どっちかってなんやねん(笑)でもオレ、それくらいの好きやわ」

うち「そうなん?でも、うち形わるいんよねぇ。」
Y「そうなんやぁ。そんなんわからんけどな。」

うち「ほんまやって。ちょい、触ってみ?なんか離れへん?」

流れで誘ってしまいました。。
テレビ見ながらやけどYの右手がうちの胸におかれ軽くなでられました。

Y「そんな離れてもないやん」
うち「でもさぁ、普通Dとかやったら谷できるやん?うち谷できへんから離れてるんちゃう?」

Y「せやなぁ。でもそんなん谷とかあんま関係ないやん?」

Yの視線はテレビのまま、手は胸のまま。かるーくもまれ続けてました。(次回へ続く)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
出会い系

copyright © 2019 女性のH体験告白集 all rights reserved.

エッチ 体験告白